マイン・フォー・ミー/ロッド・スチュワート   Mine For Me/Rod Stewart


今回紹介する作品はジェフ・ベック・グループ、フェイセズを経てソロとなったロッド・スチュワート、
4枚目のアルバム「スマイラー」(1974年発売)に収録されている「マイン・フォー・ミー」です。

このアルバムの最後に収録されている「マイン・フォー・ミー」はポールがアルバム「バンド・オン・ザ・ラン」の
録音を終えてロンドンに戻ってきた直後にジェフ・ベック・グループ時代から親交のあるロッドに依頼されて書き上げた曲で、
ポールはバック・コーラスにも参加しています。

曲は「マイ・ラヴ」をもう少しフォーク調にしたような感じというところでしょうか。
シングル・カットもされましたがアメリカでは91位が最高でした。

参加ミュージシャンはロン・ウッド、イアン・マクレガン、レイ・クーパー等です。

また、ポールとリンダは1974年11月18日にオデオン・シネマ・シアターで行われたロッドのコンサートに
参加して「マイン・フォー・ミー」でバック・コーラスをつけましたが、
この模様はアメリカのテレビ番組「ミッドナイト・スペシャル」で放送されました。




EU盤CD 2006.7.29
ここで紹介しているCDはマーキュリー時代のアルバムがリマスター盤シリーズの一環として発売されたもので、
発売年度のクレジットがないのですが98年3月に発売されているようです。

また、このリマスター盤シリーズの日本盤は未発売のようです。

アトランティック時代の作品は国内でもリマスター盤が出ていますが、やはり初期であるマーキュリー時代の
タイトルは日本盤として発売してもセール的には厳しいでしょうね。





3つ折りジャケットを広げたところ。


参加ミュージシャンとともにロッドの兄弟やお友達が集まって記念撮影。


作詞作曲のクレジットを見ると12曲目の「マイン・フォー・ミー」はポール&リンダ・マッカートニーとなっています。

しかし、ロッドとポールの親交関係があったというのは意外な気がしないでもありません。








                                  HOME
































inserted by FC2 system