アビイ・ロード UK盤LP



ここで紹介するものはすべてUK盤です。
発売順にならべたつもりですが、前後しているものもあるかもしれません。

UK盤LP

2006.4.22

最近まで気が付かなかったのですがジャケット裏の写真って、レンガ塀の下の地面というか歩道部分まで写っていたのですね。
じっくり見ていたら落ち葉があったので初めて気づきました。

ジャケット表では左の奥の方には地下鉄入り口の看板もありました。


B面レーベルに”HER MAJESTY”がクレジットされたタイプ。





UK盤LP



外周部の文字が変更されたレーベル。ジャケットはコーティング無しでした。






UK盤LP(デジタル・リマスター)
ジャケット裏にバーコードとデジタル・リマスターであることがクレジットされました。


レコード盤はいわゆる重量盤となっています。
90年代にプレスされたものは通常盤と重量盤の2種類がほぼ同じ時期に出回っていますが、
プレス工場の違いなのか特定の時期にだけ(間違って?)プレスされたものなかは分かりません。

初期のタイプと比べると文字は全体的に横幅が広くなっています。

レーベルB面の「ABBEY ROAD」「THE BEATLES」の文字の白黒部分が反転していて文字が読みやすくなっています。





UK盤LP(デジタル・リマスター)
ジャケットは上記のものと同じですがレーベルが一部変更されています。


B面文字はすべて黒です。






UK盤LP(デジタル・リマスター)
ジャケット裏に”Beatles””Apple”and the Apple・・・というクレジットが追加されました。


レーベルB面の反転文字の部分が緑になっている。





          アビイ・ロードからタバコが消えた???


いえいえ、タバコではありませんが道路上の白いペンキらしきものが消えています。
(リンゴの上着の2つ目のボタンの前の方)

各国盤やCDジャケットなど、いろいろ調べてみましたが、ペンキが消えているのは新しいタイプのUK盤ジャケットだけでした。
こちらは2000年ころまでに販売されていたタイプ。

2000年(頃)以降のタイプ。
ジャケット裏に”Beatles””Apple”and the Apple・・・
というクレジットがあります。




曲目クレジットの位置がオリジナルのものよりズレているので新しく作られたことが分かると思いますが、
おそらく、よりオリジナルに近いネガから新たに作られたのかもしれません。

「アビイ・ロード」だけではなくてジャケット裏に”Beatles””Apple”and the Apple・・・というクレジットが
付けられたタイプのジャケットは写真が少しクリアーになっているようです。

2000年ころに再プレスされた”1967−1970”は73年当時のオリジナル盤よりも数段クリアーな写真になっています。






UK盤LP(デジタル・リマスター)オランダ・プレス
こちらも道路のペンキが消えたタイプで上記で紹介のものとまったく同じジャケットですが、珍しいことにシールドされていました。



レーベル中央部が大きく窪んでいるのが特徴のオランダ・プレス。

B面レーベルはすべての文字が黒いタイプになっています。

2004年頃にプレスされたもので、このアナログ盤は700枚くらいしかプレスされていないということです。
単に現存する枚数として考えるとゴールド・パーロフォンよりも少なかったりするかもしれませんので
将来は貴重になるかも・・・

日本国内の専門店でも90年代後半あたりから新品のアナログは店頭に並べられていません。




(最後に)

アルバム「アビイ・ロード」に対する思い出、というのはほとんど無いのですが、レコードが2000円の時代に
「アビイ・ロード」のカセットだけが2800円していて不思議に思ったことがあります。

たぶん収録時間が長いからだろうなあ、と思って東芝に問い合わせの手紙を書いたら
やはりその通りとの答えがきました。

ネットの時代になって私も手紙はほとんど書かなくなりましたが中学生や高校生のころは、
何回か東芝やポリドールに要望の手紙を書いたりしました。

返事と一緒にビートルズの小冊子や宣伝チラシなどを送ってくれたので嬉しかったですね。

76年ころに「イマジン」の4チャンネル盤が手に入らなかったので問い合わせの手紙を書いた時は
このアルバムはすでに廃盤になっていたのですが、廃盤処理されてレーベル面だけキレイにカットされたものを
送ってくれました。





HOME




inserted by FC2 system